企業における営業活動で欠かすことのできないビジネス名刺は、経費節減を推奨する世間の風潮のためか、地元印刷業者にまとめて発注する形態から個人負担という形態に徐々に変化しつつあります。自ら名刺を作らなければならない人が増えた結果、多くは安価でスピーディーな通販を利用する結果になり、通販名刺は今やネットにおける一大市場となりました。その反面、実際に担当者と綿密な打ち合わせを経て名刺を作成するこれまでのケースとは違い、通販特有のすれ違いやトラブルが発生する場合もあります。ここでは、名刺を発注する場合に押さえておきたいポイントを考えることで、これらのトラブルを未然に防ぐ方法を考えていきましょう。そうすることで、より安心して安価な通販の名刺発注を利用することができます。

テンプレートを利用する場合のポイント

名刺発注専門サイトのテンプレートを利用する場合は、必要事項を記入するだけで簡単に理想の名刺を作ることができます。多くは名刺に記入したい内容を項目ごとに入力し、希望のデザインや紙の種類を選択するという簡単な入力をおこなうだけですが、だからこそ入力ミスや選択ミスには注意したいところです。特に住所やコピーなどの改行位置や、紙質に拘りがある場合は、その旨を備考に記入するなどして業者とのやり取りを少しでも詳細にするように心がけましょう。そうすることで、名刺の出来上がりをより理想的なものに近付けることができます。即日印刷などを掲げている業者の場合は、サービスの特質上、特に校正や修正などには応じられないケースもあり、せっかく出来上がった名刺が誤字だらけという場合もあると言いますから、とにかく入力項目はしっかり確認することがポイントになります。

データ入稿のポイントはしっかり注意点を押さえること

画像ソフトの普及に伴って、現在は自分でデータを作成し、印刷だけを名刺発注業者に任せるという方も増えています。しかし、中途半端な知識だけでこういったサービスを利用した結果、出来上がりに満足できなかった方もおられるのではないでしょうか。データ入稿を利用する場合は、まずはしっかりと業者で作成している入稿のポイントを読み込み、それに基づいたデータを作成することが何より大切なポイントとなります。安価でスピーディーな業者の多くは、確認作業や色合わせなどの工程を省くことで低コスト・短納期を実現しています。色によってはデータ通りの色調が再現できないことや、小さすぎる文字が潰れてしまうことなど、注意点は必ず明記されていますから、確認漏れのないように注意しましょう。また、使用する画像やフォントなどによっては印刷を断られてしまう場合もあります。不安な要素がある場合は、まずメールでその旨を確認してみましょう。