ビジネスをする人にとって必須のものといえば名刺です。これは自分で作るのも良いですが、会社規模で発注するのもいいでしょう。統一感の出るデザインにしておけば会社のアピールにもなるので営業に使えます。名刺発注はサービスにより値段が変動するので高いところもあれば安いところもあるのが特徴です。なるべくコスト削減をして発注するときにはある程度コツがあります。基本的に紙の質や色合いといった要素が絡んでくるので、適切な組み合わせを行うことで大幅なコスト削減が可能です。また印刷方法も大きく影響するので総合的な部分を見て決めていくのが適切といえます。今回は上手に安く名刺発注をする方法を紹介するので初心者の方や、たくさん注文をしたい方は知っておくといいでしょう。

印刷方法や種類により値段は変化する

名刺発注をする時に利用する印刷方法は大きく分けてオフセットとオンデマンドが用意されています。オフセットは顔料油性インクを使うもので、最初に原本を作成、印刷ブラケットを使い紙に転写する方法です。これは大量印刷に適したもので美術系の本や商業誌を印刷する時につけます。ただし原本を作るため、費用はそれなりにかかってしまうのがネックです。安く印刷をしたいならオンデマンドが良いでしょう。レーザープリンターを使いスピード印刷することができる、小ロットだと安くなるメリットを持ちます。1000枚以上ならオフセットにするとコスト削減が可能です。紙の種類はシンプルなホワイトマットが基本となっています。両面光沢紙は鮮やかできれいですが、値段はホワイトマットよりも若干高いです。写真の印刷に向いているのでシンプルな名刺を作るならホワイトマットにしましょう。

支払い方法でコスト削減が出来る

業者では名刺発注をする時に料金を支払いますが、これは受取方法を工夫すると安くなる場合があります。例えば宅急便を利用する場合、複数の注文をしたときにまとめ配送にすると一回分の送料で済むのが特徴です。これは注文商品がすべて同じ送り先の場合に適用できます。またお店によって規定金額分を買えば送料が無料になるサービスも用意されているので見ておくといいでしょう。入金方法は代金引換よりもクレジットカードを使う方がお得です。銀行振込やコンビニ決済、代金引換は手数料が発生する支払い方法となっています。クレジットカードは手数料がかからないため経済的です。振込先の間違いや支払金額の間違いも起きないのでトラブル回避にも使えるでしょう。これらの情報を理解して注文をすると良いです。