名刺発注には印刷会社に直接発注する方法が主流でした。インターネットが普及した現代において、印刷会社は通販印刷店を設置しており、直接印刷会社に発注を行うよりも、ネット注文が主流になっています。ネット注文の場合は営業経費が掛からない、データ入稿サービスを利用すると受注後すぐに印刷を初めて貰えるなどからも、名刺が手元に届くまでの時間を短縮出来るメリットがあります。ネット注文の場合はその都度発注をしなければなりませんし、発注業務を行う担当者を設ける必要もあります。発注担当者を設ける理由の一つに、同じ通販印刷店を利用する、同じレイアウトの名刺を製作するなどが必要になるからです。最近では通販店を利用すると同時に名刺を発注するシステムを利用する方法も注目を集めています。

名刺発注システムを利用するメリットとは

印刷通販を利用すれば名刺を発注し、短期間で名刺を受け取る事は出来ます。しかし、印刷通販のお店の場合は個別に発注を行うと、仕上がる名刺のレイアウトやデザインが異なる事も少なくありません。名刺のレイアウトおよびデザインを統一しておかなければ、数名で取引先に出向いた際にデザインがまちまちな名刺を差し出す事になってしまいます。名刺の発注担当者を社内で決めておけば、毎回同じレイアウトを利用して名刺の発注が出来ますが、担当者も自分の仕事を抱えているわけですから、発注業務が負担になる事もあります。名刺発注システムは工数を減らせるメリットや発注時に毎回同じレイアウトの名刺を発注し続ける事が出来るメリットを持っています。名刺の発注システムは注文履歴を照会出来る、過去の注文と同じ名刺を発注する時などは、履歴から注文を行えるなどのメリットもあります。

名刺発注システムはクラウドを利用しているのが特徴です。

名刺の発注システムは名刺製作を手掛ける会社がシステム化しているもので、インターネットに接続出来る環境があればいつでもサーバーにログインを行って名刺の発注が出来ます。サーバーにログイン出来るのは名刺を必要とする全社員で、それぞれが個別に名刺の発注が出来ます。また、発注時に上司の承諾を行った上で発注が出来るようにしておけば、名刺の無駄遣いなどを防止する効果にも繋がります。ログインするサーバーは、サービスを提供している会社が運営管理を行っているため、自社内でサーバーを導入する、管理する必要はありません。さらに、クラウド型の発注システムになるため、従業員のパソコンに専用ソフトをインストールする必要がありませんし、ネット接続を可能にするパソコンであれば名刺の発注を各社員が行えます。