名刺発注をする際には、実は色んな注意点があるのをご存知ですか。業者を利用して印刷をしてもらう場合でも、デザインは基本的に自分自身が決めなくてはいけません。そのため、仕事で使用するのか、プライベートで使用するのかによって、見易さもデザインも異なってきます。デザインは、仕事で使用するのであれば、あまり奇抜なものにする事は出来ませんので、見易さを第一に考えなくてはいけません。プライベートで使用するのであれば、ある程度の遊び心を出しても、それが個性となってメリットになる場合もあります。名刺は、相手に自分の印象やイメージを与えるものになりますので、とにかく気をつけなくてはいけないのが、自分のイメージを良くするためのものを作成するという事です。

名刺の中に記載する情報をきちんと考える

名刺発注をするにあたり、一番重要となるのが、名刺に載せる個人情報は何にするのかというのを、きちんと考える事です。名刺発注をする業者の、専門のサイト上から発注するのであれば、最低限載せるべき情報がわかりやすく事前に登録されていますので、順番に沿っていきながら、必要な情報を記載すればそれで問題はないでしょう。ところが、そういったサイトも無く、1から自分で手配をしなくてはいけない場合、情報が仮に漏れていたとしても、業者は細かくチェックをしないでそのまま印刷をする可能性があります。そうすると、せっかく名刺を作っても、不備があったという事で、もう一度作り直さなくてはいけなくなります。印刷をする前に、完成品のサンプルをチェックする事が出来ますので、必ずそこで一度、情報をチェックして、漏れが無いかどうかを細かく見るように心掛けましょう。

印刷会社に名刺を依頼する場合の注意点

印刷会社に依頼をして名刺発注をする際には、完全データを入稿しなくてはいけません。そのため、既存のテンプレートを使用して名刺を作っても問題ありませんが、自分で作ったデータを入稿して印刷してもらう事も可能です。特にイラストレータを使用して名刺を作る場合には、文字化けを防ぐためにも、文字のアウトライン化を行うようにして下さい。また、代表的な名刺サイズである、91mmx55mmで作成をするのが望ましいので、奇抜な形で作成をするのはやめましょう。どうしても、規格外サイズで依頼をしたい場合には、事前に対応をしているかどうか、価格はどうなるのかというのを確認しておくと安心です。そして、断裁後の名刺として使用するサイズの、トンボを設定するのも忘れないようにしましょう。