ビジネスパーソンとなったら、まず必要になるのが名刺です。しかし、ある程度大きな会社に入ったら、総務などの方が名刺を作ってくれたりしますから、自分で名刺を作るようなシーンはあまりありません。ですから名刺を持っていても名刺の発注の仕方などは全く知らないという人は意外と多いものです。もちろん個人で仕事をするような方だと自分で名刺を作る必要がありますし、最近は副業も認められる風潮になっていますからサラリーマンでもサイドビジネス用の名刺が必要になる事もあるでしょう。そこで今回は、これから名刺を作ろうかという人のために、名刺発注の基本を解説していきます。これを読めばこれまで名刺を作った事がなかったあなたも、安心して名刺を注文する事が出来るようになります。

まずはスタンダードな名刺を作ってみましょう

名刺印刷をしてくれる業者は多くいます。店舗も沢山ありますし、ネットでも注文が可能です。費用としては一見するとネット注文のほうが安いように見えますが、実はそうとも言えません。一番の問題は配送料です。ここを見落としていると、意外に高く付いてしまいます。また、仕上がりを確認出来ないのが、ネット注文の心配なところです。初めての名刺発注であれば、やはり店舗での注文をお薦めします。店舗であればその場で疑問点を確認出来ますし、名刺の構成も店員さんとやり取りしながら決めて行くことが出来ます。やり取りといってもそれほど難しい事ではなく、多くの名刺印刷業者では、基本のテンプレートが用意されていて、それに必要事項を当てはめていけば名刺が出来上がります。また、店舗の場合だと印刷に入る前に試し刷りを作ってもらって確認するサービスをしてくれる場合がありますからより安心です。

アートな雰囲気のオリジナリティある名刺も作れちゃいます

せっかく名刺を作るならありきたりな物ではなくて、オリジナリティ溢れるカッコいいものを作りたい。そうお考えの方なら、ネット印刷を試してみるといいかもしれません。ネット印刷の場合には、店舗よりもテンプレートが豊富ですし、様々な加工に対応してくれる業者もあります。もしオリジナルデザインを自分で用意出来るのなら、データをアップロードすればWEB上でイメージ加工をする事も可能です。ただし、店舗での名刺発注と違って、試し刷りの確認が出来ない場合がほとんどなので、その点は注意が必要です。特に、紙の材質にこだわりたい場合などはこの点がネックになります。しかしながら、店舗では扱っている紙の種類が限られるため、思った通りの仕上がり品が出来ない事もあり得ます。紙については用紙を扱う専門店などに足を運んで品番を確認してから名刺発注をするのがいいでしょう。